2つの常識

私のフェースブックのお友達の投稿なんかを見ていると、いろいろなことについて、あるグループの人たちには、ほぼ常識となりつつあることが、全く正反対の常識に、まだ惑わされている別のグループがあることがわかります。例えば、ガンにかかったら当然がん治療を受けるという常識と、がん治療を受けると死ぬ確率が高くなるという常識があります。もちろん、私たち夫婦は、抗がん治療は受けません。ワクチンや抗うつ剤やステロイドは、使用してはいけないというのが、私たちの常識ですが、そういうもので病気を治せるという常識を持っている、もう一つのグループの人がいます。テレビや新聞で言っていることは、本当のことだと信じているグループと、テレビや新聞は、ある人の目的のために、意図された情報を流していると知っているグループがあります。病気になれば、しっかりと食べて栄養をつけるのがいいという常識を持っている人たちがいますが、私たちは、病気は、食べなければ治るという常識を持ったグループに入ります。このように、世の中には、2つの正反対の常識がありますが、面白いのは、どのテーマでも、だいたい同じグループに分かれるということです。もちろん、どちらの常識を信じるかで、人生は大きく変わります。

関連記事

  1. 日本を変えるのは政治じゃない

  2. コミュニケーションのこと

  3. 23分間の奇跡

  4. 脚本家

  5. お金のこと

  6. 半農半X