お金のこと

有機生活を考えるうえで、重要であるお金のことを少し書いてみようと思います。

私たちは、お金のことについて、知っているようで、実はよく分かっていません。「THRIVE」のビデオでも説明されていますが、世界のお金のほとんどは、特定の金融資本家の人たちに握られています。例えば、アメリカの連邦中央銀行FRBは、アメリカ政府の持ち物ではなく、ロスチャイルド家の個人が所有している銀行です。ここが米ドルを印刷する権利を持っていて、アメリカ政府に貸し出しています。イギリス中央銀行も同じ持ち主のもので、やはり同じようにポンドを印刷する権利を持っています。

お金は、もともと物々交換から始まった経済を、交換し易い手段として媒介にしたものでした。貴重なものがお金として使われ、金・銀・銅などの金属が使われ、古銭では、通貨そのものが価値を持っていました。紙幣は、この重くて持ち運びに不便な硬貨の弱点をカバーするために発明され、硬貨を預かった証書の意味合いで使われていたのです。しかし、1971年に、ニクソン大統領が、米ドルの金との交換を停止して以来、米ドルすら、ただの紙切れになってしまったのです。

 現在のお金が価値を持っているのは、「信用」というもののみに裏付けられたもので、この信用がなくなったとき、お金は本当の紙切れになってしまいます。銀行は、このお金をかってに作り出す「権利」を得ています。1万円の現金を持っていれば、10万円を貸し出してもいいことになっています。つまり、9万円をかってに作り出してもいいということです。この9万円を人に貸し、そのお金が回りまわって、銀行に入ってくると、全部で10万円の持ち金になりますから、今度は、90万円を貸し出すことができます。こうして銀行は、「無」から「有」を作ってきました。

 現在、世界で毎日2兆ドルのお金が動いていますが、その90%は、物やサービスの提供と無関係なマネーゲームのために動いているお金です。また、私たちが買っているものの、20~40%は、金融に支払われているコストと言われています。

ネバーエンディング・ストーリーの作者、ミヒャエル・エンデは、小説「モモ」の中で、時間泥棒に身も心も奪われてしまった人々をモモが救い出す姿を書きましたが、エンデが訴えようとしたのは、実際には、時間ではなく「お金」です。このことは、「エンデの遺言」の中に記されています。お金が普及すればするほど、私たちのエゴは、限りなく大きくなり、「モア・アンド・モア」教の信者になってきています。現在お金で世界を支配しようとしている人たちにとっては、とても都合の良い図式です。しかし、現実世界には、モモはいませんので、私たち自身でそこから抜け出すしかないのです。

関連記事

  1. 世界のこと

  2. 有機革命

  3. 家族の崩壊

  4. ホームスクーリング

  5. ガラパゴス日本

  6. 私たちは、どこへ行くのか