人間関係の崩壊

人間関係が崩壊して来ました。いや、私たちの若い頃、「人間関係」などと言う言葉は、なかったのではないかと思います。人と人は、常に結ばれているものであって、関係を必要としなかったからです。今は、都会では、マンションの隣に住む人の名前を知らないと言う人さえ出て来ました。昔は、あり得なかったことです。都会は、人と人の物理的な距離は近いのですが、つながりが遠い。まだ田舎の方が、距離は離れていても、人の関係は近いように思います。

昔は、日本人といえば、人に親切、他人への思いやりがある、と言うイメージがありました。今は、日本人は、とても他人に冷たい人種だそうです。日本人は、ガイジンには親切ですが、日本人に対してはどうでしょうか。以前、クライストチャーチにいた頃、ニュージーランド人から、中国人、韓国人は、お互い助け合うけど、日本人は、足の引っ張りあいをするねと、言われたこともあります。

有機生活庵「あいむほーむ」のあるところは、ニュージーランド南島、モトゥエカという町の郊外で、ここにモトゥエカバレーという地域があります。この周辺には、コミュニティも古くから多く、人と人の結びつきが、とても強いところです。何キロメートルも離れていても、みんながお互いのことをよく知っていて、助け合いが、日常茶飯事に行われています。お金に価値を置かない考え方も、人との結びつきを強くしているように思います。ヨーロッパ人が多く移住してきていて、多様のものの考え方、価値観があり、それが、これからの時代に大切なものを築く力になっています。その、大切なものの一つが、「人と人の結びつき」なのでしょう。

関連記事

  1. 情報とマインドコントロール

  2. グローバリズムとローカリズム

  3. 悪の存在

  4. 家族の崩壊

  5. コミュニティのこと

  6. スピリチュアリティとは