情報とマインドコントロール

SNSの発達で、世界の情報が、どこでも誰にでも手に入るようになりました。今まで、私たちが知らされていなかった情報を知ることもできるようになりました。例えば、9.11のテロ事件は、アメリカ国家が画策した事件で、テロではないということも明らかになってきました。アポロ11号の月面着陸もウソ、日航123便の事故も、事故ではなく、国家を巻き込んだ事件である可能性が高いことも知るところとなってきました。つまり、国家は、国民に嘘をつくのです。

しかし、一方で、テレビや新聞の情報を鵜呑みにしている人たちもたくさんいます。NHKなどは、国営放送みたいなものだから、ウソは言わないと信じている人も、まだまだたくさんいます。新聞・テレビなどのマスコミは、当然、権力者によって支配されているので、どちらかといえば、私たちを洗脳するために利用されていると思った方が安全です。監視カメラで犯人逮捕につながったというニュースを何度も見さされると、人々の心の中には、監視カメラは、必要なんだという意識が出来上がります。その結果、私たちは、カメラによって監視されることも気づかなくなっていきます。フェースブック、アマゾンなど、あらゆるインターネットサイトを使えば、私たちの個人情報は、完全にコントロールされるのです。アポロ11号の画像などは、まだCGもなかった時代で、特撮もとても稚拙ですが、そんなものでも、私たちは簡単に騙されたのです。

テレビのニュースでいろいろな事件が報道されますが、その中には、でっち上げて作られたものもあることを知って、いつも鵜呑みにする癖をなくすことも大事です。よく見ると、何か不自然だと感じるものもあるはずです。最近は、インターネットで、多くの人が見ているので、中には、イカサマを見つける人も増えて来ました。私たちも、以前ほどは騙されなくなって来ています。

マスコミだけでなく、書籍やインターネットなど、あらゆる情報手段は、私たちに広い知識と情報を与えてくれると同時に、私たちをマインドコントロールする道具としても使われるのです。そういうことを、しっかりと認識した上で、私たちは、プロパガンダ情報と有益な情報を、選別して行くだけの知識が必要な時代になってきています。

関連記事

  1. グローバリズムとローカリズム

  2. 自然とは

  3. お金のいらない国

  4. 日本(やまと)といふ国

  5. 私たちは、どこへ行くのか

  6. 日本のこと