食と健康(加工食品のこと)

私たちの健康は、この50年くらいの間に大きく変わりました。それまでの死因や病気の種類とは、全く異なる死因がトップを占め、それまでなかった病気が、急激に増えています。1920年の死因トップ3は、肺炎、胃腸炎、結核です。それが、現在は、ガン、心臓病、脳血栓疾患となっています。XX症候群などと言う以前にはなかった病気が出て来たり、パーキンソン、アルツハイマー、ALSなども増えています。線維筋痛症など、恐ろしいのに原因不明の病気も増えて来ました。ウツや自閉症といった、肉体的病気なのか精神障害なのかはっきりしないものも、急激に増えています。

たった半世紀の間に健康が大きく損なわれているのは、私たちの暮らしが大きく変化した為ですが、その中で大きなのは、食べ物です。食べ物を選ぶときに、私たちが、一番注意しなければならないのは、食品添加物と農薬ですが、どちらも日本は、世界でトップクラスの消費国なのです。

「食」をビジネスにする限り、健康よりも売り上げを優先する考えが出ても当然と考えるべきですね。食品添加物のほとんどは、食品の味をよくする、見栄えをよくする、生産コストを下げる、ために使われています。なぜかと言うと、そうすれば、消費者がたくさん買ってくれるからなのです。つまり、私たちも加害者だと言うことです。

マクドナルドや、コンビニのおにぎり、弁当は、腐りません。また、日本は、アミノ酸天国です。加工食品の後ろのラベルを見て、「アミノ酸など」と書かれていないものを見つけるのが難しいくらいです。日本人の舌は、このアミノ酸に汚されているため、アミノ酸が入っていないと美味しいと感じなくなってしまっているのです。アミノ酸は、神経や脳を破壊します。

見た目は、食品であるけれど、中身は違う人工食品も相変わらず、たくさん売られています。ソフトドリンク、健康ドリンクに含まれている化学物質は、無知な消費者を、どんどん蝕んでいるのです。食に関する情報は、あまりに多すぎて、混乱を起こしたり、間違った食生活に導かれたりする可能性も高くなっています。広く勉強することで、その中から正しい知識を得て行くことが、自分の健康を守る、一番の道なのです。

関連記事

  1. 都市を滅ぼせ

  2. 昭和からの遺言

  3. お金のいらない国

  4. 昭和とともに消えた日本(3丁目の夕日は沈んだ)

  5. 資本主義の崩壊

  6. 悪の存在