グローバリズムとローカリズム

グローバリズムという言葉があります。一見世界が一つになるかのようで、甘い果実のような響きがありますが、実際は、私たちの生活を脅かす可能性が高いものです。

シャッター商店街という言葉があります。地元の良き商いが、大手の流通業者に駆逐されて、廃業を余儀なくされている姿です。地元の、魚屋さん、八百屋さん、洋服屋さん、パン屋さん、そういう人たちから、私たちは、安心できる商品を手に入れることができ、地元同士の支え合いや人情があったと思うのです。大手業者が進出してきて、消費者である私たちは、一見、便利になり、いいものを安く手に入れることができると喜んだかもしれませんが、それで、地元はハッピーになったでしょうか。地元がハッピーでないのに、あなたはハッピーでしょうか。

この、シャッター商店街が、国家レベルで起こるのが、グローバル経済です。シャッター商店街でも、グローバル経済でも、利益があるのは、その大手企業だけです。地元の業者はもちろん、結果的に、私たち消費者も、問題を抱えます。それは、健康問題であったり、雇用や貧困の問題であったり、人間関係であったりします。

地元の業者がどうなってもいいよ、私たちが便利になれば、それでいいんです、という考え方は、とても自分勝手で、やがては、自分自身も被害者に回ることになります。消費者みんなが、地元を支えることで、みんながハッピーになり、自分もハッピーになる。それが、ローカリズムの考え方です。

これは、商売だけでなく、あらゆることに通ずる考え方ではないでしょうか。今、世界中の富が、ほんの一部の人に握られる時代になって来ました。世界の富の82%をわずか1%の人が握っているのです。グローバリズムは、この1%の富裕層に有利なシステムであって、決して、私たち一般大衆のためのシステムではありません。グローバリズムは、「競争」に基づいた理念、ローカリズムは、「共存」に基づいた理念、「競争から共存へ」です。

関連記事

  1. スピリチュアリティとは

  2. 人間関係の崩壊

  3. 今なぜ有機生活なのか

  4. 有機生活とは

  5. 新しい価値観の時代

  6. 自然とは