日本(やまと)といふ国

私は、ニュージーランドに来てから、とくに日本のことを考えるようになりました。外から日本を眺めると、日本の問題もとてもよく見えますが、日本の素晴らしさもまた、再認識するようになって来ました。有機生活を考えるの最初の方で、日本という国を、主にマイナス面から見て書きましたが、これは、プラス面から見た日本です。

古代のことを紐解いていくと、日本という国は、世界の文字や文化の発信地であったことや、古代ユダヤの文化が流れ込んだ国であることや、いろいろな見方が出て来ています。ここでは、そういう、まだ曖昧な部分は考えず、日本を知る上で、大切なことを見ていきたいと思います。

日本という国の特殊性を知るうえで、まず言葉が挙げられます。日本は、言霊の国とも言われます。言霊とは、言葉の音一つ一つに意味とエネリギーがあるという考えで、例えば、カミという言葉はは、カ(火)とミ(水)という音からできています。ヒトは、ヒ(一)とト(十)つまり一から十まで全てのものを備えた動物となります。文字一つにも意味があり、例えば、アは、感じるとか生命という意味が含まれ、イは、伝わるもの、陰など、ウは、生まれ出るという意味、などです。これが英語になると、アルファベットのBやCやDには、音さえないのですから、言霊はあるかないか微妙です。日本には、中国から漢字が伝わるはるか前から、カタカムナという文字や、その他の神代文字と呼ばれる古い文字が存在していたことが分かっています。世界で今、漢字を使っているのは、日本と中国だけですが、一つの文字に意味があるという言語は、これだけですから、漢字を扱えるだけで、特殊な能力を備えていることになります。(文字からイメージを捉えることができる)例えば、気という文字を見ただけで、なんとなくイメージが掴めるということです。

日本には、神道という世界でも珍しい宗教があります。誰かが作った宗教ではなく、教祖もなく、自然を崇拝するアニミズムです。神道には、旧約聖書と同じように、日本の国の成り立ちと関係する神話があり、現在では、単なる作り話でなく、実際の日本の成り立ちと関連づけて研究が進んでいます。日本列島が、世界の大陸の縮図(例えば、四国はオーストラリアと、九州は、アフリカ大陸と似ているというような)と言われているのも面白いですね。

このほか、単一民族、単一言語の国家であること。世界で一番長く存続する会社を持っている(世界1位も2位も日本の企業です)こと、世界で2000年以上、一つの王政(日本は天皇と言いますが)が続いている、など世界でもとても稀な国なのです。

その素晴らしい国が、今、私たち日本人の手で、壊されようとしている。どうか、それに気がついて欲しいと思います。美しい言葉を守り、素晴らしいしきたりを守る。これは、日本人の使命です。

関連記事

  1. コミュニティのこと

  2. 竹炭を焼く

  3. ガラパゴス日本

  4. アクエリアン革命

  5. 自然とは

  6. ホームスクーリング