お金のいらない国

ここに「お金のいらない国」という本があります。4部作ですが、とても薄い本なので、すぐに読めます。内容も童話っぽいストーリーなので、難しくなく読めます。けれど、内容は、実はとても深いのです。さらっと書いてあるけれど、いろいろな考察が含まれているのです。

そもそもお金のない国なんて、存在し得るのかと思うでしょう?架空の話、夢物語。でも、そうでもないのです。

まずは、お金がなくなったら、この世の中はどうなるのか、ということがこの本には書かれています。簡単にいうと、世の中の犯罪は、ほぼ全て無くなります。窃盗や殺人はもちろん、汚職、テロ、戦争、詐欺、…….。お金というのは、もともと物々交換していたものを、より便利なやり方でできるように、考案されたものです。しかし、お金が簡単に印刷されるようになった今、お金そのものに価値があると信じ込み、そのお金を巡って、全ての生活が営まれています。これは、よく考えるととてもおかしなことなのです。おかしなことなのに、その発想から抜け出ることができない。

それが、このお金のいらない国に行ってみると、目から鱗が落ちるというのが、この本に書かれていることです。今、世界で、ベーシックインカムという考え方が出てきて、一部試行が始まっています。働かなくてもお金がもらえる、というものです。働いてももらえるというのが、生活保護と違う点です。ベシックインカムがもらえると、人間は、働き方が変わる、つまりお金のためでなく、何か別のもののために働くようになるだろうという発想から来ています。また、地域通貨というものも、世界にたくさんあります。その地域で発行して、その地域だけで使えるお金です。このように、お金に対する考え方が、少しずつ変わりつつあります。お金に対する考え方が変わると、労働に対する考え方も変わり、人生も変わります。

一度、あなたの頭の中から「お金」というものを消してみれば面白いのではないでしょうか。今、あなたが毎日していることは、お金がなくてもしますか、と考えてみては。

関連記事

  1. 昭和とともに消えた日本(3丁目の夕日は沈んだ)

  2. 食と健康(加工食品のこと)

  3. 情報とマインドコントロール

  4. 悪の存在

  5. 自然とは

  6. 日本とニュージーランド