正しい食 優しい食

最近は、インターネットなどでも、食に関する知識がたくさんあり、以前よりは多くの人が、正しい食を知るようになりました。
しかし一方、断片的な知識や偏った知識で、返って健康を悪くする人もいます。例えば、「ご飯をしっかり食べろ」という説と、「ご飯は炭水化物で食べ過ぎるな」という説があり、まあ、どちらかが間違っているのですが、私は前者派です。

けれどこの頃、正しい食は、本当に人を健康にできるのかな、と思うこともあります。家族を幸せにできるのは、正しいより、優しい食ではないか、と。ちょっと健康面ではマイナスなんだけど、家族を喜ばせる食ってありそうな気がします。そして幸せ感が健康を生む。「正しい」と「優しい」が戦ったら(笑)、北風と太陽みたいに、優しいが勝つような気がするのです。優しいパワーは、正しいパワーより、ずっと強い。

食だけでなく、全てのことについて、優しさは強いな、と。もちろん、正しいことを知った上で優しさがあるのがベストなのですが、正しさを追求するあまり、優しさを見失う人も多いですね。

関連記事

  1. 23分間の奇跡

  2. 脚本家

  3. 筍と竹炭のご縁

  4. 第16回有機生活楽習宿を終えて

  5. 日本を変えるのは政治じゃない

  6. お婆の発想料理