次の救世主はインターネットとAI

これは、インターネットやAIを礼賛している話ではありません。人間は、その愚かな性の為に、愚かなことをし、愚かなものを作り上げてきました。その愚かなものが、人間が作った愚かなものをぶっ壊してくれるかも知れない、という話です。

今、ちょっとした興味を持ってAIのことを調べています。ひょっとしたら、AIが、人間の生き方をガラッと変えてしまうかも知れないと思い始めました。AIが世の中を変えると誰でも思っていると思いますが、一体どんな風に変わると思いますか?私は、全てがひっくり返るのではないかという気がしています。まあ、今ある仕事の半分以上、必要ががなくなるのではないかと。人間の将棋棋士がAIに勝てないとなると、はたしてプロ棋士という職業が成り立つのかどうか。今、自分はインテリジェントな仕事をしていると考えている人の、ほとんどが仕事を失うのではないか。もちろん政治家も。AIは、3次産業のほとんどを破壊するかも知れません。なくなるといいなと思っている、お金や金融も、本当にそうなるかも知れない。お金儲け行為(ビジネスとも言います)や政治が、根底から覆される可能性がある。第1次、第2次産業が、AI時代に生き残る、いや大切にされる産業になるのでは。そうなると、これは「救世主」と呼ばざるを得なくなりますね。

インターネットの持つ伝播力とAIがコラボをすれば、今の社会学者たちが考えている以上の、大きな破壊力があるかも知れないなと思い始めています。楽しみに見ていきましょう。

関連記事

  1. GDPのこと

  2. 神さまの仕事

  3. あなたも加害者

  4. 医者とシェフ

  5. ギブ・アンド・テイク

  6. 第10回有機生活楽習宿始まりました