デストロイヤー

以前、AIと仮想通貨が救世主になると書きましたが、それの続編です。もちろん、AIも仮想通貨も100%いいと思っての発言ではありません。どちらかと言えば、有機生活には、反するような動きですね。ただ、これには、私たちが刷り込まれた常識を破壊してくれる力があると思っていて、そういう意味で救世主と書きました。これに、もう一つ加えたいと思います。それは、クラウドファンディングです。AIは、今の労働に関する常識をぶっ壊し、人間性を再認識させてくれるような気がします。仮想通貨は、あらゆる問題の根元とも言える現在のお金に対する価値をぶっ壊してくれる可能性があります。発行者がいない通貨なんて、歴史始まって以来の、とんでもない出来事なのです。そして、クラウドファンデイングは、ギャンブル化した、今の株式マネーゲームをなくしてしまう力があるかもしれません。

今年、バリに行きましたが、バリにはヒンズー教の神様が3人いて、クリエイター、プロテクター、デストロイヤー。このデストロイヤーが一番人気のシバですね。もちろん、三位一体で、どれも必要なのですが、意外と見落とされがちなのが「破壊者」です。進歩のためには破壊が要る。そういう意味で、AI、仮想通貨、クラウドファンディングに期待しましょう。これから、今までの常識を破壊してくれる、悪役デストロイヤーがどんどん出てきそうな気がしています。

関連記事

  1. 人間性

  2. もらえない ってば

  3. 若者と年寄り

  4. あなたも加害者

  5. どんより日もプチ奇跡

  6. 脱情報化時代