もらえない ってば

人間の欲はありとあらゆるモノに向けられる。
肉体を持っている限り、次つぎ欲が出てくるし、他人に対しての比較からも、様々な負の感情が湧き、持ってはよろしくない想いが出てきて、身口意が汚れる。
日々の生活は、この身口意を正す事だらけ。体の汚れは洗い流せば、すぐに綺麗になる。が、身口意の汚れは、今世だけではなく、永い過去からこびり付いた思い癖からのもの。そう簡単にははがせない。環境や人のせいにするのは簡単だけど、そんな事は、なんの役にも立たない。

ガーデンハウスで、掃除中、料理中、座るだけでなく、瞑想という日課。汚れの自覚はあるが、正すには努力が必要。身口意が汚れる時は、多くの事に過剰反応している自分がいる。鈍感力も大事。

そう言う時の呪文
思わざる、見ざる、聞かざる、言わざる
顕在意識off にするのが、瞑想。本当に観ないといけないのは、聴かないといけないのは、語らないといけないのは、そして想いは全て具現化するのだからと修正していく。
修正こそ、修行。滝に打たれる必要もなく、辛い断食も不要との教え信じる。
日々の生活の中でする事が、修行。

人は言う
自然に癒されました
逆に皆さんからパワーを頂きました

よく言うよ、と言いたい
癒しは、自分の内から出るもの、それは既に日常の生活に在るもの、特種なモノや場所から貰うのでは無いと思う。
パワーとは、人様からいただくものでもなく、自分の内に既に在るものに自分の身口意を合体させた時にこそ、大きな存在と繋がり、無限力となる。
昨今のパワースポットなんて、人の邪悪な想念、邪気やエゴだらけで、枯れて汚れ地になっているだろうから、軽い気持ちで行ったら何かをお土産にもらってくるかもしれない。

自分の癒しは、
眠ることと瞑想
パワースポットは、自宅のキッチン、ガーデンハウス
どれもこれも、無料、超近場、混んでもない

欲しい欲しいと物乞いではなく、在る在るを発見して不要なものを剥がすことが、生きると言う事だと思う。魂を磨くのは、自分しかできない。
さあ、今日も始まった。ガーデンハウスに行ってこよう。

楽習熟卒業生の一人が、今週から10日間の瞑想三昧に入る。
その前にメールをいただいた。とても嬉しい。
シンクロもよく起こる今日此の頃なり

関連記事

  1. トランジションという生き方

  2. The 茶色

  3. 脚本家

  4. 人間性

  5. 筍と竹炭のご縁

  6. スクールより家庭