細分化している

フェースブック、ユーチューブ、各種ブログなどを見ると、健康情報、世界情勢、裏社会情報、スピリチュアル情報、なんだか、どれも細分化の方向に進みすぎている感じがします。SNS時代の欠点とも言えるかもしれません。細分化し、量が拡大している。もちろんそれも大事かもしれないけど、細分化は、全体を見失うことにもつながります。なぜ、細分化するかというと、それぞれの人が、自分の特徴を出そうとするからです。みんなが、自分と他の違いを出そうとすればするほど、細分化する。全体を見るなら、細分化でなく、統合化しなければいけないのです。細分化された情報ばかり追いかけていると、いつか、自分は何を見ようとしていたのかを忘れるような危険を感じます。

木を見て森が見えないどころか、枝や葉ばかり見ている。マクロビに一生懸命になってるのに健康じゃなかったり、FXで大儲けして、あれっ?幸せって何だったっけ?となったり、スピリチュアリティーを追いかけてる割に、友人とのコミュニケーションができていなかったり。人生や人間としての生き方という森が見えない。

細分化された情報を、こねてまとめる粘土細工が必要な時にきていますね。

関連記事

  1. 人間性

  2. 日本を変えるのは政治じゃない

  3. 次の救世主はインターネットとAI

  4. 2つの常識

  5. 都市をぶっ壊す

  6. 情報と知識