ソラマメの手間と無駄なし

他の豆類より、その形大きさからのインパクトも強い

と同時に、食する方も覚悟がいる。

この時期から数ヶ月私達は、多ベジ族になる。畑で野菜を育ててないベジタリアンよりその種類も量も多くなる。間引き菜も食べるし、食べられる雑草も生えだす。

その最初が、ソラマメ。これは、新鮮さが命なので市場には出回らない。

冬の霜にも春の突風にも負けずに育つ。

ハマスもひよこ豆でなくソラマメ

サラダのグリーンの担当だったブロッコリーに変わりソラマメ

ポタージュスープも

混ぜご飯も

揚げ物、炒めものも、煮物、卵焼きにも、和物にも

ニュージーランド人やヨーロッパ人の友人たちは、皮ごと食すが、私は無理。

あんなの食べたら、数日胃腸に負担がかかるし、一粒も噛むだけで数分かかる。

彼らは、深緑色になるまで茹でるので、このエメラルドグリーンを知らない。

超残念

鞘から出した豆をさっと湯通し程度に茹で、皮を剥くと、綺麗な綺麗な艶のある緑の豆があらわれる。絶対にゆがき過ぎないこと。

あれだけの量から、これだけ❓となる。

さやと皮は全て畑の肥料となり、エメラルド豆はタンパク源となる。

関連記事

  1. どこを切ってもリンゴだらけケーキ

  2. ㊗️それぞれの自分亊

  3. ソラマメは小さめをどっさり収穫  

  4. 雨の後は、ぷりぷり

  5. The 茶色

  6. ポテトソース