家庭つくりは家と庭 外との一体化が暮らしの鍵

ガーデンとアウトドア

ニュージーランドと日本では、庭に対する考え方に大きな違いがあるように思います。日本では、マンションやアパートメントに住む比率も高く、庭付き一戸建てでも、大きさは、ニュージーランドの平均とは比較になりません。しかし、それだけでなく、庭に対する考え方に違いがあります。日本の庭は、眺める庭が中心。それに対して、ニュージーランドの庭は、自分たちがその中で過ごすことを前提としているように思います。アウトドアと言う言葉もあるように、ニュージーランドでは、庭でバーベキューをしたり、アフタヌーンティーを楽しんだりするのが普通です。日本の小さな敷地でも、少し考え方を変えるだけで、そのデザインは大きく変わるはずです。家は、単に寝る場所ではなく、家族みんなが楽しんで過ごす場所であるべきなのです。

関連記事

  1. コミュニティとシェアリング

  2. 健康食・自然食

  3. あいむほーむメイド

  4. あいむほーむの「食時」

  5. ガーデンハウス

  6. 薪と炭のある暮らし

  7. 無農薬自家菜園