コミュニティを考える

有機生活庵「あいむ・ほーむ」のすぐ近くに「リバ ーサイド」という名のコミュニティがあります。 この近辺には、これ以外にもさまざまなコミュニ ティがあり、コミュニティに興味を持つ人たちが、 多い地域ともいえます。

地域のことをコミュニティと言う場合もあります が、ここで言うコミュニティは、もう少し狭義の もの。コミュニティとは、簡単に言うと、土地や建 物を共有して複数の家族が暮らし、仕事を分担し、 収入や支出などを共有するというものです。共産 共同体です。通常は、農業のようなものがベース になり、みんなで生活を支えていくという考え方 ですが、コミュニティによってルールは異なり、 資産の個人所有や収入の一部を個人的に所有する ことを認めるところもあれば、家や土地の個人所 有を認めるところもあります。 個人の土地・家屋、収入なども認め、生活は独立しているが、共有部分を持ち、お互いが助け合いな がら暮らすものは、コミュニティとは少し離れる ので、これらをエコビレッジなどというカテゴリ ーで考える場合もあります。

コミュニティは、古くからありましたが、今、コミ ュニティの意義が改めて考えられる時代になって いるような気がします。リバーサイド・コミュニ ティのメンバーである友人に、「コミュニティに住 んで一番良かったことは何か。」と質問したことが あります。彼女は、「毎日退屈することがないこと。」 と答えました。これは、孤独感がないことも意味 しています。彼女は、離婚して、子供も独立し、今 は一人暮らしですが、毎日を幸せに過ごすことが できるのです。老人の孤独死や、学校や職場での いじめ、いや、家族の中ですら「孤」が蔓延してい る今の世の中で、コミュニティが持っているもの を、もう一度見直してみる必要もあるのかも知れ ません。

関連記事

  1. 若者と年寄り

  2. スクールより家庭

  3. 次の救世主はインターネットとAI

  4. <民主主義>

  5. みんなが教祖を求めている

  6. 私たちの住むところ(Motueka, Ngatimoti, Green Hill)